メンター制度

大学院修了後のキャリア選択はどうしよう?
国際学会に参加したいけど、なにから始めたらいいだろう?
研究費の獲得がうまくいかない…
どうやって研究体制をつくっていったらいいのだろう?
研究室の運営がうまくいかない…
研究者への道を再び目指したい
急に介護をすることになった。初めてのことで戸惑っている、経験者に相談したい

研究職としてのキャリアをめざす人のために、本学の教員を中心とするメンターが、みなさんの「身近な経験者」「よき理解者・助言者」となり、メンティー(研究員、大学院生等)のみなさんが自ら考え、気づき、行動することができるよう、助言やアドバイス、情報提供を通じて支援する制度です。

特徴

  • 研究職としてのキャリアをめざす人に、身近な経験者との交流を通じて、自分の目標を具体的にイメージすることができます。
  • 研究とライフイベント(出産・育児・介護等)の両立のために、経験者から直接話を聞くことができます。

利用対象者

  • 本学に在籍する女性の大学院生・学術研究員
  • 本学に在職する女性研究者
    (男性の研究者、大学院生で利用を希望する場合についてはお問い合わせください。)

利用の流れ

① 電話またはメールで男女共同参画推進室へお申し込みをお願いします。
<申し込み先 Tel: 075-703-5143  Mail: danjo@kpu.ac.jp >

② 希望の相談内容を踏まえ、男女共同参画推進室がメンター(本学の教員)を紹介します。

③ 日程等の調整は、メンターと相談希望者(メンティ)が直接行い、メンターの研究室でメンタリング(相談)を実施してください。

④ 終了後、利用報告書を推進室までご提出ください。mentor

メンター一覧はこちら

メンター制度案内チラシ

提出書類

メンティ 対象  利用報告書(word,16KB)
メンター教員対象  実施報告書(word,16KB)

その他

ページの先頭へ